IUFoST-Japan

理事長挨拶

 只今準備中です。しばらくお待ちください。







役員一覧

理事長 清水 誠a 東京農業大学教授
顧問 荒井 綜一
東京農業大学特任教授
顧問 西成 勝好 大阪市立大学名誉教授
参与 田島 眞 実践女子大学名誉教授
理事 熊谷日登美a 日本大学教授
理事 竹永 章生b 日本大学教授
理事 中嶋 光敏b 筑波大学大学院教授
理事 松村 康生b 京都大学大学院教授
理事 下村 吉治c 名古屋大学大学院教授
理事 近藤 和雄c 東洋大学教授
理事 木村 修一d 東北大学名誉教授
理事 松山 旭d キッコーマン株式会社
理事 亀井 勇統e 鹿児島県立短期大学教授
理事 篠田 粧子e 首都大学東京大学院教授
理事 芦田 均f 神戸大学大学院教授
理事 中山 勉f 東京農業大学教授
理事 高野 克己g 東京農業大学学長
理事 岡村 弘之g 長谷川香料株式会社


a(公社)日本農芸化学会  b(公社)日本食品科学工学会  c(公社)日本栄養・食糧学会
d特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)   e日本動物細胞工学会
f日本フードファクター学会  gIFTジャパンセクション

 

 


行事一覧

・2018年10月23日-27日、インドのムンバイにてIUFoSTのWorld Congressが開催されます。

 

 





シンポジウムの紹介

『IUFoST-Japan,日本学術会議健康・生活科学委員会合同シンポジウム』
日 時:2018年8月23日(木)13時30分~16時00分(公開シンポジウム)
会 場:東北大学川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟
テーマ:「~これからのいのちと健康と生活をまもる~食・生活から健康を考える」
世話人: 清水 誠(東京農業大学)、熊谷 日登美(日本大学)
(日本食品科学工学会共催)

 


▶過去のシンポジウムはこちらから




会員募集

 IUFoST-Japanでは、新規賛助会員を随時募集しております。
 会則は下記の通りです。
 お気軽にお問い合わせ下さい。

 入会申込書
 ◆PDF
 ◆word




会則

(総則)
第1条  本会は、IUFoST-Japan(以下「本会」という)と称し、事務局を東京都内に置く。

(目的)
第2条  本会は、IUFoST ( International Union of Food Science and Technology) の我が国における唯一の構成メンバーとしてその活動に協力するとともに、我が国の食品科学・工学に関わる学協会の連携を進めることで、世界及び日本の食品科学・工学の発展に寄与し、もって人類の福祉と繁栄に貢献することを目的とする。

(事業)
第3条  本会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行なう。
   (1) 日本国内におけるIUFoSTの活動への協力
   (2) 日本国内の食品科学・工学に関わる学協会の連携の強化
   (3) 食品科学・工学に関する学術集会の開催
   (4) 食品科学・工学に関する調査研究
   (5) 行政機関に対する助言及び提言
   (6) その他本会の目的を達成するために必要な事業

(会員)
第4条  本会の会員は、次の二種とする。
   (1) 正会員  本会の目的に賛同して入会した学協会
   (2) 賛助会員 本会の目的に賛同し、事業を賛助するため入会したもの

(入会)
第5条  正会員又は賛助会員として入会しようとするものは、理事会において別に定める入会申込書を理事長に提出しなければならない。
   2 入会は、理事会においてその可否を決定する。

(会費)
第6条  正会員及び賛助会員は、理事会において別に定める会費を納入しなければならない。
   2 前項の規定にかかわらず、理事会が議決したときは、会費の全部又は一部を免除することができる。

(会員の資格喪失)
第7条  会員は、次の各号のいずれかに該当したときに、資格を喪失する。
   (1) 退会したとき
   (2) 解散し、又は破産したとき
   (3) 会費を引続き2年以上滞納したとき
   (4) 除名されたとき

(退会)
第8条  会員が退会しようとするときは、理事会が別に定める退会届を理事長に提出しなければならない。

(除名)
第9条  会員が次の各号のいずれかに該当するときは、理事会の議決によって除名することができる。
   (1) 会則に違反したとき
   (2) 本会の名誉を毀損したとき
   2 前項の規定により会員を除名するときは、理事会において弁明の機会を与えなければならない。

(役員の種類及び定数)
第10条 本会に次の役員を置く。
     理事 12名以上20名以内
     監事 2名以内
    2 理事のうち、1人を理事長、1人を専務理事とする。
    3 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(役員の選任)
第11条 理事及び監事は、正会員から推薦された者の中から、理事会において選任する。
    2 理事長及び専務理事は、理事の互選により定める。
    3 理事及び監事は、相互にこれを兼ねることができない。

(役員の職務等)
第12条 理事長は、本会を代表し、その業務を総理する。
    2 専務理事は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときはその職務を代行する。
    3 理事は、理事会を組織し、本会の業務を執行する。
    4 監事は、理事の業務の執行の状況を監査する。

(顧問)
第13条 本会に顧問を置くことができる。
    2 顧問は、理事会の推薦により理事長が委嘱する。
    3 顧問は、理事長の諮問に答え、意見を述べるものとする。

(参与)
第14条 本会に参与を置くことができる。
    2 参与は、理事会の推薦により理事長が委嘱する。
    3 参与は、理事長の意を受け、本会の業務を執行する。

(理事会)
第15条 理事会は、理事をもって組織する。
    2 監事は、理事会に出席して意見を述べることができる。
    3 理事会は、年に1回以上開催する。
    4 理事会は、理事長が招集し、議長となる。
    5 理事会は、理事現在数の3分の2以上の出席がなければ開会することができない。
    6 理事会の議事は、出席理事数の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
    7 理事は、書面をもって議決権を行使することができる。この場合は、前5 号の規定の適用については、出席者とみなす。

(資産及び会計)
第16条 本会の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
  (1) 会費   
  (2) 寄付金品
  (3) 資産から生ずる収入
  (4) 事業に伴う収入
  (5) その他の収入
第17条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第18条 理事長は、事業計画及びこれに伴う収支予算を作成し、理事会に提案し、その決定をもって執行する。
第19条 理事長は、事業年度終了後、事業報告書、収支決算書、貸借対照表、財産目録を作成し、監事による監査を受けなければならない。
    2 監事は、前項の書類を監査し、監査報告書を作成し、理事会に提出する。
    3 理事長は、第1項の書類及び前項の監査報告書を理事会にて承認を受けた後、事務所に備え付けなければならない。

(会則の変更)
第20条 この会則の変更は、理事会において3分の2以上の議決を必要とする。

(補則)
第21条 この会則に定めるものの他、会の運営に必要な事項は、理事会の議決を経て、理事長が別に定める。

附則
1 この会則は平成22年9月3日から施行する。


会則第6条に定める会費は次のとおりとする。

正会員    年額  100,000円
賛助会員   年額  30,000円




構成学協会

 (公社)日本農芸化学会
 (公社)日本食品科学工学会
 (公社)日本栄養・食糧学会
 特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)
 日本動物細胞工学会
 日本フードファクター学会
 IFTジャパンセクション

▶構成学協会のお知らせ

 


賛助会員

 味の素株式会社
 キッコーマン株式会社
 高砂香料工業株式会社
 株式会社 日清製粉グループ本社
 不二製油株式会社
 株式会社 明治
 (五十音順)

 


IUFoST(国際学術団体)の概要

(1)名称
(和文)国際食品科学工学連合
(欧文)International Union of Food Science and Technology
(欧文略称)IUFoST

(2)設立年月日 1970年8月14日

(3)設立目的  食品科学工学に関する国際協力
 ・ 教育プログラム、ワークショップ、地域シンポジウムの開催等を通じて、世界的な食品科学・工学の進歩に寄与する。
 ・ 国際会議、3つのジャーナル、1つのオンラインジャーナルを活用して、食品科学・工学の知識の交換を促進する。
 ・ 世界の飢餓の根絶をはかるために、食品科学・工学のさらなる深化をはかる。

(4)加入国・地域の数 67ヶ国・4地域(アメリカ・ヨーロッパ・アジア・アフリカ)

(5)主要加入国
  アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、ブラジル、メキシコ、オランダ、インド、オーストラリア、ロシア、中国、韓国、日本

(6)国際学術団体のホームページURL
   http://www.iufost.org/

(7)総会の開催状況
  1962年 第1回国際食品科学工学会議 英国・ロンドン、1200名、40国
  1966年 第2回国際食品科学工学会議 ポーランド・ワルシャワ、1000名、50国
  1970年 第3回国際食品科学工学会議 米国・ワシントンDC、2000名、50国
  1974年 第4回国際食品科学工学会議 スペイン・マドリッド、1300名、70国
  1978年 第5回国際食品科学工学会議 日本・京都、1000名、50国
  1983年 第6回国際食品科学工学会議 アイルランド・ダブリン、950名、51国
  1987年 第7回国際食品科学工学会議 シンガポール、1000名、55国
  1991年 第8回国際食品科学工学会議 カナダ・トロント、1400名、74国
  1995年 第9回国際食品科学工学会議 ハンガリー・ブダペスト、1200名、71国
  1999年 第10回国際食品科学工学会議 オーストラリア・シドニー、1700名、62国
  2001年 第11回国際食品科学工学会議 韓国・ソウル、1950名、63国
  2004年 第12回国際食品科学工学会議 米国・シカゴ、635名、51国
  2006年 第13回国際食品科学工学会議 フランス・ナント、1100名、75国
  2008年 第14回国際食品科学工学会議 中国・上海、2200名、79国
  2010年 第15回国際食品科学工学会議 南アフリカ・ケープタウン、1750名、73国
  2012年 第16回国際食品科学工学会議 ブラジル・イグアスの滝、2300名、66国
  2014年 第17回国際食品科学工学会議 カナダ・モントリオール、1469名、71国
  2016年 第18回国際食品科学工学会議 アイルランド・ダブリン、1400名、68国