IUFoST-Japan

理事長挨拶

 2023〜2024年度期の理事長を仰せつかりました松村康生と申します。
 中嶋光敏前理事長ならびに顧問の先生方と理事の皆様に、ご指導とご協力をいただきながら、IUFoST-Japanのミッションを果たすべく微力を尽くす所存ですので、よろしくお願い申し上げます。
 新型コロナ感染症の流行もようやく下火となり、国内外の学会等のイベントも、懇親会を含め現地開催が通常となって参りました。オンライン開催のメリットも認識しつつ、face-to-faceの交流や現地での様々な見聞より生まれる得がたい経験の重要性にも留意しながら、今後の活動を進めて行くことが出来ればと考えております。
 コロナ禍の中、前々理事長の清水先生の発案で始まりました国際若手セミナーも、理事の先生方のご尽力を得ながら回を重ね、2023年の3月には第4回、第5回を開催するに至りました。第5回まで全てのセミナーはオンライン形式で行われましたが、国内外からの参加者も順調に増加しております。今年のセミナーでは、IUFoST会長のDr. Aman Wirakartakusumahにも参加をいただき祝辞を賜りました。このセミナーについては、オンライン開催を継続し、国内外、IUFoSTとの連携もさらに進めて行きたいと考えております。
 IUFoST-Japanは、(1) 日本国内におけるIUFoSTの活動への協力、(2) 日本国内の食品科学・工学に関わる学協会の連携の強化、(3) 食品科学・工学に関する学術集会の開催、(4) 食品科学・工学に関する調査研究、(5) 行政機関に対する助言及び提言を事業として揚げています。こうしたミッションを推進するため、これまでの活動、すなわち上記の国際若手セミナーの開催、IUFoST World Congress(次回は2024年9月にイタリアのリミニで開催)に参加する若手研究者への助成、日本食品科学工学会・国際交流シンポジウムの共催等を継続して参ります。それに加えて、海外の食品科学工学に関する研究者や技術者との連携を深めるため、IUFoSTの様々な取組みの紹介、活動への参加を積極的に進めて行きたいと考えております。
 国内の関連学協会や賛助会員企業の皆様に対し、IUFoST-Japanへのご支援を引き続き訴えながら、食品の世界における日本のプレゼンスを高めていくための上記の活動を推進して参ります。皆様方のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

2023年4月

                              IUFoST-Japan理事長
                                松村 康生
                               (京都大学特任教授)





役員一覧

 2023−2024年度役員
理事長 松村 康生b 京都大学生存圏研究所特任教授
顧問 荒井 綜一
東京農業大学特任教授
顧問 西成 勝好 大阪市立大学名誉教授
湖北工業大学
顧問 清水 誠 東京大学名誉教授
東京農業大学客員教授
顧問 中嶋 光敏 筑波大学特命教授
監事 八戸 真弓 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 研究推進部研究推進室 食品連携調整役
参与 田島 眞 実践女子大学名誉教授
副理事長 熊谷日登美a 日本大学教授
理事 室田佳恵子a 島根大学教授
理事 竹永 章生b 日本大学教授
理事 吉田 博c 東京慈恵会医科大学附属柏病院 病院長・教授
理事 芦田 均c 神戸大学名誉教授
武庫川女子大学教授
理事 三浦 豊d 東京農工大学大学院教授
理事 菅原 卓也d 愛媛大学大学院教授
理事 村上 明e 兵庫県立大学教授
理事 中村 宜督e 岡山大学大学院教授
理事 村田 容常f 東京農業大学教授
理事 久能 昌朗f 東京農業大学客員教授
理事 熊谷 仁g 共立女子大学教授
理事 橋本 篤g 三重大学教授


a(公社)日本農芸化学会  b(公社)日本食品科学工学会  c(公社)日本栄養・食糧学会
d日本動物細胞工学会  e日本フードファクター学会  fIFTジャパンセクション
g(一社)日本食品工学会

 

 


お知らせ

若手研究助成者の決定

2024年開催のWorld Congress(イタリア・リミニ)に参加する若手研究者に助成を行うこととし次の2名を決定しました。

・石田萌子(愛媛大学大学院)日本動物細胞工学会推薦
・王 鴻誠(ヤヱガキ醗酵技研株式会社)日本フードファクター学会推薦





IUFoSTニュース

News Brief May 2024

 https://iufost.org/news-brief-may-2024

The IUFoST Rose Spiess Video Competition

 このコンペティションでは、世界中の18歳以上の学生からのエントリーを募集しています。応募者は、持続可能性、栄養強化、食品廃棄物の削減、食物連鎖に沿った新興技術の統合など、さまざまな食品関連の問題に取り組む上での食品科学と技術の中心的な役割を強調する説得力のあるビデオを作成することが奨励されています。
 出場希望者は、2024年6月15日までに、IUFoSTにオンライン提出でエントリーを提出する必要があります。大賞受賞者は、IUFoST 2024 World Congress での完全なスクリーニングの名誉ある機会とともに、$1,500.00 (USD) を受け取ることができます。
 詳細は:https://iufost.org/news/iufost-rose-spiess-video-competition

50th Anniversary Symposium of ISOPOW

 会期:11-13 June 2024
 会場:Purdue University, USA
 詳細:https://iufost.org/news/50th%C2%A0anniversary-symposium-isopow

Season’s Greetings from IUFoST

 https://iufost.org/news/season%E2%80%99s-greetings-iufost

22th World Congress of Food Science and Technology

 会 期:September, 8-12, 2024
 開催地:Rimini – Italy
 Congress Webサイト:https://iufost2024-italy.com/

 講演要旨締切  2024年2月18日24時(欧州時間)
 参加登録    2024年3月18日まで   €684
         それ以降および当日    €805

 





IUFoST-Japan主催シンポジウムの紹介

国際若手オンラインセミナーについて

第6回、第7回IUFoST-Japanオンライン国際セミナーは盛会のうちに終了いたしました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 

国際交流シンポジウムについて
 ●日本食品科学工学会第71回大会(名城大学)にて開催いたします。

「Innovation and International Collaboration of Food Science and Technology
-Promotion of Inbound Tourism Market: Food Diversity as a Key Concept and Industrial Challenges-」
(IUFoST-Japanー国際交流委員会共催 協賛:一般財団法人旗影会)
 日 時:2024年8月30日(金)9:00~11:45
 世話人:松村 康生(委員長・京都大学)
     本城 賢一(副委員長・九州大学大学院)
 講演者:Shinya Yokoyama(Food Diversity Inc.)
     Greg de St. Maurice(Keio University)
     Seishu Gen(Agnavi Co. Ltd.)
     Cheng Lihong(Tokyo Medical and Dental University)
     Chang Yongin(Yaegaki Biotechnology, Inc.)

 大会事前参加登録締切:
 令和6年8月9日(金)17:00まで(銀行振込・クレジットカード決済が選択可能)
 令和6年8月23日(金)17:00まで(クレジットカード決済のみ選択)

 事前参加費決済締切:令和6年8月23日(金)17:00まで

 ※参加登録はこちらから


▶過去のシンポジウムはこちらから




会員募集

 IUFoST-Japanでは、新規賛助会員を随時募集しております。
 会則は下記の通りです。
 お気軽にお問い合わせ下さい。

 入会申込書
 ◆PDF
 ◆word




会則

 IUFoST-Japan会則はこちらをご覧ください。

 




構成学協会

 (公社)日本農芸化学会
 (公社)日本食品科学工学会
 (公社)日本栄養・食糧学会
 日本動物細胞工学会
 日本フードファクター学会
 IFTジャパンセクション
 (一社)日本食品工学会

▶構成学協会のお知らせ

 


賛助会員

 キッコーマン株式会社
 高砂香料工業株式会社
 株式会社 日清製粉グループ本社
 不二製油株式会社
 (五十音順)

 【特別賛助】
 山崎製パン株式会社

 


IUFoSTの概要

 IUFoSTのホームページURL
  http://www.iufost.org/
概要

(1)名称
(和文)国際食品科学工学連合
(欧文)International Union of Food Science and Technology
(欧文略称)IUFoST

(2)設立年月日 1970年8月14日

(3)設立目的  食品科学工学に関する国際協力
 ・ 教育プログラム、ワークショップ、地域シンポジウムの開催等を通じて、世界的な食品科学・工学の進歩に寄与する。
 ・ 国際会議、3つのジャーナル、1つのオンラインジャーナルを活用して、食品科学・工学の知識の交換を促進する。
 ・ 世界の飢餓の根絶をはかるために、食品科学・工学のさらなる深化をはかる。

(4)加入国・地域の数 67ヶ国・4地域(アメリカ・ヨーロッパ・アジア・アフリカ)

(5)主要加入国
  アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、ブラジル、メキシコ、オランダ、インド、オーストラリア、ロシア、中国、韓国、日本

(6)総会の開催状況
  1962年 第1回国際食品科学工学会議 英国・ロンドン、1200名、40国
  1966年 第2回国際食品科学工学会議 ポーランド・ワルシャワ、1000名、50国
  1970年 第3回国際食品科学工学会議 米国・ワシントンDC、2000名、50国
  1974年 第4回国際食品科学工学会議 スペイン・マドリッド、1300名、70国
  1978年 第5回国際食品科学工学会議 日本・京都、1000名、50国
  1983年 第6回国際食品科学工学会議 アイルランド・ダブリン、950名、51国
  1987年 第7回国際食品科学工学会議 シンガポール、1000名、55国
  1991年 第8回国際食品科学工学会議 カナダ・トロント、1400名、74国
  1995年 第9回国際食品科学工学会議 ハンガリー・ブダペスト、1200名、71国
  1999年 第10回国際食品科学工学会議 オーストラリア・シドニー、1700名、62国
  2001年 第11回国際食品科学工学会議 韓国・ソウル、1950名、63国
  2004年 第12回国際食品科学工学会議 米国・シカゴ、635名、51国
  2006年 第13回国際食品科学工学会議 フランス・ナント、1100名、75国
  2008年 第14回国際食品科学工学会議 中国・上海、2200名、79国
  2010年 第15回国際食品科学工学会議 南アフリカ・ケープタウン、1750名、73国
  2012年 第16回国際食品科学工学会議 ブラジル・イグアスの滝、2300名、66国
  2014年 第17回国際食品科学工学会議 カナダ・モントリオール、1469名、71国
  2016年 第18回国際食品科学工学会議 アイルランド・ダブリン、1400名、68国
  2018年 第19回国際食品科学工学会議 インド・ムンバイ
  2020年 第20回国際食品科学工学会議 ニュージーランド・オークランド(中止)
  2022年 第21回国際食品科学工学会議 シンガポール、1500名、80-100国